アラゲオタの日記
アニメ・ラジオ・ゲームなどを主とした日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
現在見ているもの
ときめきメモリアルOnlyLove パンプキン・シザーズ
ディーグレイマン デスノート ネギま!? BLEACH
武装錬金 ポケットモンスターDP のだめカンタービレ
Venus Versus Virus すもももももも 
コードギアス反逆のルルーシュ 半分の月がのぼる空
デルトラクエスト 仮面ライダー電王 デジモンセイバーズ
おねがいマイメロディくるくるシャッフル がくえんゆーとぴあまなびストレート!
セイントオクトーバー yes!プリキュア5
Project BLUE地球SOS ひだまりスケッチ
ゴーストハント 

特に注目しているもの
スポンサーサイト
デス・ノート 決断
 ありゃりゃ、ミサの記憶が消えちゃった!ライトもよからぬことを企んでいるようで。悪い子の顔になっちゃうのはもう定番ですねwそして急に自分がキラではないかと疑いだしLに監禁、監視をお願いするライト、もう救いようのないド変態ですねwしかしノートを破棄したとたんにきれいなライトに早変わり。開放をLにうったえるも当然許すはずがありません、ミサもライトも総一郎さんも精神よく持ちますね、ホントすごいです。
 さて来週は総一郎VSライトなわけですが二人がどんな熱演を見せてくれるのか楽しみです。
ディー・グレイマン 剣士たちの誇り
 神田はやられてしまったわけですが何とか生きてたようでよかったです。アレンでは勝てないようで神田に策を練らせますがその前にやられてしまいそうです、ビットリオ実に強い。そのビットリオは姫様を愛していて誰にも奪われたくないが故戦っていたんですがその思いがイノセンスの剣を呼んでしまったんですねー。それによって生き続けていたと。思いは力になるってことなんでしょうね。そのビットリオに神田は肉を切らせて骨を断つ作戦で勝っちゃいますがなにもあんなことしなくても直接腕を切り落としちゃうか、剣を弾き飛ばしちゃえばいいわけで。まあビットリオもやっと成仏できてよかったですね。
 あと気づいたことといえばいつもの予告の「哀れなアクマに魂の救済を」が「哀れなコムイに魂の救済を」になっていました、コムイさんは来週どうなってしまうのか?
パンプキン・シザーズ 17 なお救われぬ闇たち
 アリスさん強すぎだね、相手は男性の軍人だというのに、13貴族っていうのはあそこまでやれるものなのか!ハンスの仲間は残念ながらもう死んでしまっていたみたいだけどあんな死に方はしたくはないな。あのお姉さんは本当に怖い人だわあ・・・ハンスもせっかく伍長と仲良くなれたと思ったのに一緒に行こうと思った瞬間撃たれるというよくある展開でお亡くなりに。戦争って言うのは本当に嫌だね、終わってもその傷跡が生きてる人をも苦しめるのだから。
 昨日のアシタヘストライクFに三宅さんが出ていたけどかなりガタイがよくて、伍長みたいな人なんだそうな。酒豪なのにすぐ酔ってしまうとかでなかなか面白いお方でした。
がくえんゆーとぴあ まなびストレート! 4 プロモでゴーの巻
 今期ではコードギアスの次に注目の作品。話が非常にテンポよく進み、大きな流れがありながらも一話ずつしっかり完結しているところがよい。
 今回は芽生の過去とその変化について描かれている。なんでもできるがゆえに全てを自分ひとりにまかされてしまい、なにもしようとしない他人に腹を立ててしまう。よく言えば信頼されているということだが任される側のことも少しは考えないと、一人ではいつか限界が来てしまうものだと思う。任される人間には任せた人たちを指揮する権利が、任せる側にはその人を全力で支える義務が生じるものと思う。子供心にはそんなこと考えもしないだろうから仕方ないといえば仕方ない。リーダーたる人間は責任感が強い人が多いから誰にも相談できず困ることは全国どこでも多々あるだろう。
 まなびは純粋な気持ちで芽生のそのトラウマを打ち破ったわけだが、やはり人の心を動かすのはその人を強く思う心であるということだろう。こうしてプロモも成功し、文化祭の準備にかかりはじめるものの、この先もきっとまた困難があるだろうなあ。
 本作は親しみやすい、いわゆる萌えアニメにしてメッセージ性の非常に強い作品。更には個性的なオープニングとエンディング、劇中および次回予告のキレがあり滑らかなアニメーション、豪華声優陣など見所はとても多くかなりの良作だと思う。ぜひいろんな人に見てほしいなあ。
半分の月がのぼる空 4
 なつめの過去がついに明らかに。名医だったわけか、それで難病のりかをまかされたと。写真を撮るシーンは、今は元気だけどもうすぐ死んでしまうことを考えるとなんだか切ないなあ。
 あきこさんは暴力的だけど憎めない人柄だなあ。さばさばしてていい。彼女の友人が出てきたけどあのひとはこれから何か関わりがあるのだろうか。
 一話の最後とは反対に何かを言いかけて倒れてしまったりか。少しずつ暖かくなって春が近づいたようだけどふたりはこれからどうなってしまうのか。
半分の月がのぼる空 3
 江崎コレクションことエロ本は焼却処分か、もったいないなあ。ちゃんと友達にあげないとwでも1冊ずつに別れの言葉を言っているのはよかった、実によかった。別れの切なさっていうのがよく伝わってきた。あれでも一応遺産だもんな。
 カンパネルラといわれてハンパネルラとロバンニが出てくる私はもうだめなようです・・・脳が侵食されていますね。りかはもう助からないのだろうか、この流れだと悲しいお話になりそう。
 とおもったらまたまた出ましたシン・アスカ。今度はアスランにぼこぼこに殴られたかあ。このアニメは種にインスパイアされているのでしょうか。原作を読んでみたいと思ったけどこれだときっとデスティニーみたいなストーリーに脳内変換されてしまうだろう。
半分の月がのぼる空 2
 後悔しないようにすることは確かに大切だね。何もしないよりは何かをやって失敗したほうがいい、これもよく聴く言葉だ。とか思っていたら友達何やってんだよwエロ本のために見舞いくるなんてひどいやつだな。そのせいで主人公はりかと仲違いし病状悪化。さらには変な先生も来るし踏んだりけったりでかわいそうだ。報われない主人公、あれどっかにいなかったかなそんなやつ。
 最後には仲直りしたと思ったらついにシンちゃんが暴走しちゃった!!「あんなやつなんかに」この瞬間「あんたってひとはー!!」という言葉が頭をよぎったのは言うまでもないのでした。
半分の月がのぼる空 1
 なんというか1話から重い。そして展開が速い。女の子が入院してきたとおもったら患者の爺さんが死亡、その遺産がエロ本って・・・これがこの後どう話にかかわってくるのか。それから山、体がよくなったらそのうち行こうねというかと思いきやもう登ってしまうとは。そして主人公がダウン。なんだろう、セカチュウみたいな話なんだろうか。ああいうのは心が痛くなるのであまり好きではないけどとりあえず見続けてみよう。
Venus Versus Virus 3 イライ ケハイ
 ヴァイアラス出てくる→戦闘→疑問解決という流れなんかね。いまのところ特に目立った戦闘シーンはない。あと来週は過去の話のようで現在過去交互に進んでいく形式なのかな?今のところまだまだなぞの多いこの番組。EDにはもうちょっと力をいれてほしかったな、流石に一枚絵だけっていうのはお粗末な気がする。
 ヴァイアラスの性質等
・ヴァイアラスに襲われるとヴァイアラスになる。
・ヴァイアラスは一般人には見えない。
・基本的に人格は残らないようだが残る場合もある。
・死ぬと砂になる。
・目にスティグマがはいる(笑)。
コードギアス 反逆のルルーシュ 15 喝采のマオ
 ヴィレッタ!!!!!!!!あんたって人は何やってるんだー!!拾われたと思ったら裸で登場って!!しかも記憶喪失かよ自分は何も失わず貴族に出世するはずじゃなかったのか・・でもこの流れでいくといつか扇が裏切って、ヴィレッタ復活、ゼロ捕まるってなりそうで怖いなあ。オープニングの髪がほどける場面はこれを暗示していたのか。
 ロイドさんが伯爵って言うのも意外すぎたなあ!!でもセシルさんはとても恐ろしい。いくら世間知らずな上司とはいえ「放蕩貴族よ。遊びと仕事の区別が付いていないの。」っていくらなんでも毒舌過ぎる。最近は一話一毒舌という感じだなあ。
 シャーリーは見てるとなんだか切なくなる。好きな人の記憶を一切忘れて、周りからはひどい喧嘩をしたと思われその話題にはまったく触れられなくなるんだもんなあ。
 ミレイさんはあれは完全にルルーシュにもらってほしいと思ってるだろうな。愛ゆえかそれとも家の再興を願ってなのかはわからないが。でもそれをダイレクトに表現せずしたたかに思っているところがミレイさんの魅力です。
 喝采のマオ。このタイトルは能力を含め彼がどんな人物であるかも物語っていたんだね。常に周りから声(他人の感情)を浴びせかけられるという。もしかしたら拍手喝采という言葉にかけて彼に手拍子を取らせていたのかな。でもちょくちょく出てきてはいたものの2話で退場というのは早すぎるな。ギアス能力者は他にもいるということを視聴者に知らせるためと、ルルーシュとシーツーとの結束を固める目的ででてきただけなんだろうか。オレンジとともに再登場を願いたい。
 前回もそうだったけどエンディングへつながりそして曲が非常によい。勇侠青春謳歌もあれはあれで作品にかなりあっていたけどこちらはこちらで余韻をうまく残すような曲になっていていい。
 今回で一応ゼロの正体を知るものはいなくなったということになるがこれからはどうなるか。シャーリー、ヴィレッタの記憶が戻るのか、マオが脱獄するか、それとも他の誰かが・・・来週はナナリーがさらわれる!?どうなるんだろう、藤堂はコーネリアは、そしてヴィレッタは!
すもももももも 15 西郷の恋
 いつもとはなんか違うなあと思っていたらどっかのラブコメの最終回みたいな展開になっちゃった。でもあれはあれでなかなか面白かったなあ。最初はえ!?っていうぐらい唐突な始まり方だったけど徐々に仲良くなっていくんだけど実は刺客でそれがいやで逃げてたっていうのはこの作品にしては珍しい。刺客はほとんど自分の一族に誇りを持ってることが多いんだよなあ。その点でもいつもとは違うっていうところを表現してたんだろうか。最後は留学って言うよくあるパターンだけどうまくまとめた感じでよかった。エンディングも特別回想バージョンでさらによい。
 全編を通して某エミヤさんのような「男は背中で語るんだ」といわんばかりの西郷さんの振る舞いがよかった。
武装錬金 夜が明けたら
 火渡戦士長カッケー!!関さんにしては渋めの声だけどかっこいいっす。ゴウタはあんまり興味がないんだよなあ・・いなくてもそんな困ることはなさそうなのになあ。パピヨンは変態だけどそこがいい。武装錬金では一番好きなキャラかも。あとこれからはもう学校の友達はでなくなっちゃうのかな、ちょっと寂しい気分。
ネギま!?
 お姉ちゃんがいきなり登場!?とおもったらオープニングも一番になって絵に色が付いてる。まきえは相変わらずガーンガーンって言ってるし。明日菜は今回はお休みなのかな。タカミチとエヴァはいつもどおり、だけど今日はラーメンではなかったw
お姉ちゃんが黒薔薇だったとは!!予想だにしない急展開!!ところでこれはいつまでなんだろ?
Venus Versus Virus 2 イケイ セカイ
 まず、Virusを英語読みでちゃんとヴァイアラスと呼んでいるのがイイ!ウイルスでも別にいいけどさ。キャラが水銀燈+薔薇水晶とはずむ君なのが気になりますが、まあそこはいいとしよう。非日常から日常に戻ろうとするも無理だとわかりがんばろうと決意するのはいいんだけど最後の滑り台の描写はこれから何か意味があるのだろうか?まだ2話でいまいち設定がつかめないけどこれから徐々にわかっていくんだろう。
デス・ノート 賭け
 こんなに早くミサがつかまる話だったとはなあ!原作を一通り読んだはずなのに結構忘れてる。それにしても高田さんはもうちょっとなんとかならんだろうか・・・この先はどうやってミサを開放してエルを殺すんだろう、ノートの所有権の話はなかなかややこしくて難しかったような気がする。どうなるのか楽しみ。
ディー・グレイマン 千年の剣士
 リナリーとアレンが喧嘩なんかしてたっけ?話が飛んでいるのであまり覚えていない。周りの人にじろじろ見られて気にならないのだろうか。今回は話の起の部分であり戦闘シーンも普通であまり盛り上がる展開ではなかった。

始動
今日から適当に日記をつけていこう

というわけでがんばっていきましょう
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。