アラゲオタの日記
アニメ・ラジオ・ゲームなどを主とした日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
半分の月がのぼる空 5
 突然の発作で倒れてしまうりか。なすすべのないゆういち。そんな時人は誰でも自分の無力さがいやになりますよね。
 突然の発作で倒れてしまうりか。なすすべのないゆういち。そんな時人は誰でも自分の無力さがいやになりますよね。そしてその現実から逃げてしまいたくなったり誰かに慰めてほしいと願ってしまう、そんなお話でしたね。番組の始めに過激な表現がありますがオリジナリティーを尊重するためそのまま放送しますという注意があったのでどんなことがあるかと思ったんですが全然たいしたことありませんでしたねwてっきりとんでもない描写があるのかと思ったんですが。とはいっても夕方放送だから確かに注意は必要ですね。
 そしてりかは意を決して手術に望みますが、そのときになってようやくりかの本当の思いを知ることになります。りかが本に託した思いはゆういちへの愛でした。「命をかけて君のものになる」なんていわれたら感動して泣いちゃいますよ。しかし時既に遅くゆういちはやるせなさで泣き崩れてしまうことになります。
 手術は何とか終わるものの、医師から出た言葉は、君にとっては最悪の結果だろう。となると植物人間状態か死亡、余命あとわずかのどれかでしょうね。いよいよ残り一話ですが悲しい結末になりそうですね。鬱になるけどそれでも人は生きていくしかない!明日からテストなのでまなびでも見て元気出していこうと思います。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aegisjustice.blog90.fc2.com/tb.php/24-1463b6f0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。