アラゲオタの日記
アニメ・ラジオ・ゲームなどを主とした日記
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
デスノート 執行
 2ヶ月近くも監禁されている月、ミサ、父さんの3人。みんなとてもつらそうです。トイレとかはどうしているんでしょうか?ずっと見られているのはいくらなんでもひどすぎるのではないかと思いますが、Lのことですから常時見張っているのでしょう。
 2ヶ月近くも監禁されている月、ミサ、父さんの3人。みんなとてもつらそうです。トイレとかはどうしているんでしょうか?ずっと見られているのはいくらなんでもひどすぎるのではないかと思いますが、Lのことですから常時見張っているのでしょう。
 月が監禁されてからキラの裁きはとまったものの、再び始まり月はキラではないのでは?と捜査本部の人々は思い始めます。しかしまだそうは判断できないというL。それでもキラによる裁きがなされているためLは父さんを解放し何かを計画します。
 2日後遂に、月とミサは牢から出されます。そんな彼らを車でどこかに連れて行く父。父から放たれる衝撃の言葉!Lは二人をキラであるとし、今から人知れず処刑するとのこと。もちろん二人は納得できるはずもなく必死で講義します。しかし彼らの声は聞き入れられず、父は自分の手で二人を殺し自分も自殺すると告げます。説得を続ける二人ですがもはや父は聞く耳持たず、車に響く銃声!
 ところが月は生きていた。父が放ったのは空砲。そして告げられる真実。もし二人がキラならこの状況でどちらかが父を殺すはずだとLは睨んだのです。それこそがキラであることの決定的な証拠であると。こうして二人のキラ容疑は晴れたかに思えたのですがミサは物的証拠により第二のキラとして監視下に置かれることになり、月はLに鎖でつながれ行動を24時間共にすることになります。
 そんななか、ある大企業に不穏な影が。役員の一人の前に現れるレムとデスノート。キラはいったい何を考えてこのような事をしたのでしょうか?
 内田さんの演技はすごかったですね!本当に迫真の演技というにふさわしい勢いがありました。今回の見所はあのシーンだったと思います。記憶を失ってしまった月とミサですがこれからどうなっていくのでしょう。原作は一通り読んだんですが途中はあまり覚えていません。会社が出てくるのも私の中では第2期でした。時計にノートの切れ端をを仕込んでいてそれをつかって誰かを殺すっていう話だったと思うんですが、あれはまた違う人でしたかね。破棄したノートをいかにして入手し、キラであったときの記憶を取り戻すのか、今後の展開が気になります。
スポンサーサイト
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://aegisjustice.blog90.fc2.com/tb.php/27-6c3553bf
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。